本土最南端の駅のあるまち 枕崎

投稿日:2012.08.07

本土最南端の駅「枕崎駅」から、最北端の北海道の稚内駅まで3144.5km

“かつお”でも有名な枕崎を訪ねました。

(国内旅行業取扱管理者試験のJR運賃計算ヒント!は後述)

枕崎駅

南九州の旅では、鹿児島市内や桜島、指宿、霧島などを巡るコースがスタンダードなものですが、九州新幹線を利用すると枕崎周辺にも足を延ばすことができます。

枕崎 平和祈念展望台枕崎 平和祈念展望台

まず、平和祈念展望台です。太平洋戦争末期、戦艦大和を旗艦とする第2艦隊が沖縄に向かう途中、米軍機と戦闘のうえ沈没した地点を眺めることができる丘に展望台があります。展望台につづく坂道には献灯された灯明が並び、展望台にはいつくかの碑が建てられています。

薩摩酒造 明治蔵枕崎 一福

左の写真は、薩摩酒造花渡川(けどがわ)蒸留所 明治蔵です。薩摩酒造は“さつま白波”でお馴染みの焼酎メーカーです。蔵内が撮影禁止ため玄関の写真のみですが、係員説明による蔵見学の後、試飲や明治蔵限定販売の焼酎などのお買物が楽しめます。

右の写真は、お客様の昼食にご案内したお食事処“一福”さんです。枕崎駅の近くにある郷土料理店です。「枕崎はかつお節日本一」と玄関横の看板にあります。枕崎はかつおで有名なまちですので生のかつおを思い浮かべますが、かつお「節」が日本一なのですね。一福さんでは郷土料理が詰められた「枕崎駅膳」をいただきました。

釜蓋大明神

枕崎の観光を終え指宿温泉へ向かう途中、釜蓋大明神に立ち寄りました。最近、南九州のパワースポットとして紹介され脚光を浴びています。パワースポットとして紹介される以前は、観光客が訪れるところではなかったそうで、周辺にお住まいの方は観光客の多さにびっくりしているようです。

釜蓋大明神釜蓋大明神

ここ釜蓋大明神の参拝方法は少し変わっていて、写真にある釜のフタを頭に載せてお参りします。二人用のフタも準備されています。ぜひお試しください。(貸切バスの駐車場も作られていましたが、釜蓋大明神の直近ではなく200~300mあります。坂道はありません。)

 *国内旅行業務取扱管理者試験対策「JR運賃計算方」のヒント!

枕崎駅から稚内駅まで3144.5キロと看板にありますが、最近の新幹線などの開通もあり、若干異なるようです。枕崎駅から稚内駅までの通しの乗車券を購入するとして計算してみましょう。

計算するうえでの条件として、北海道内では一般的な特急列車、本州・九州内では新幹線を利用することとし、「白石-札幌」「五稜郭-函館」の区間は「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」を使います。

枕崎-鹿児島中央 指宿枕崎線(地方交通線) 擬制キロ 96.6キロ

鹿児島中央-東京 九州・山陽・東海道新幹線 運賃計算キロ 1468.2キロ

東京-新青森 東北新幹線 営業キロ 713.7キロ

新青森-青森 奥羽本線 営業キロ 3.9キロ

青森-五稜郭 津軽海峡線(地方交通線) 換算キロ 172.7キロ

五稜郭-白石 函館本線・室蘭本線・千歳線 営業キロ 309.5キロ

白石-旭川 函館本線 営業キロ 131.0キロ

旭川-稚内 宗谷本線(地方交通線) 換算キロ 285.3キロ

枕崎駅から稚内駅までの運賃計算キロは3180.9キロ

JRのキロ数計算の端数は切り上げますので運賃計算のためのキロ数は3181キロとなり、基準額は、28,250円

次に、JR本州3社とJR北海道・JR九州をまたがって乗車しますので、JR北海道・JR九州の加算額を求めます。

九州新幹線と山陽新幹線の境界駅は博多駅ですので、博多駅から枕崎駅間の385.5キロ(386キロに切り上げ)に対する加算額は420円

次に、JR東日本とJR北海道の境界駅は中小国駅ですので、中小国駅から稚内駅間の864キロに対する加算額は310円

基準額とそれぞれの加算額を合計し、大人片道普通運賃は28,980円、小児の片道普通運賃は14,490円です。(小児は大人所定額の半額です。半額にしたときに10円未満の端数があれば切り捨てて10円単位とします。)

Posted at 11:12 | カテゴリー: 旅 アラカルト | コメント: なし

この記事にコメントする




コメント記入欄

copyright(c) Chuo Travel Co.,Ltd.