免税店の「ビール」と「たばこ」

投稿日:2011.10.21

先日利用した博多港国際ターミナルにある免税店の「ビール」と釜山港にある免税店の「たばこ」です。

博多港免税店のビールは350mlで150円、500mlで200円でした。博多港・釜山港を約3時間で結ぶ高速船ビートルの船内でお飲みになる場合は、こちらでお買い求めされるほうが断然お得ですね。因みに、ビートル船内でも1本150円で販売されていました。

釜山港免税店でのマイルドセブン1カートンの値段は、なんと$17でした。日本円で約1,500円前後でしょうか。博多港では1カートン2,500円で販売されていましたが、市中で購入すれば1カートン4,100円(1箱410円)です。免税店の販売額も刻々と変更されるのかもしれませんが、それにしても釜山港免税店で売っている1箱約150円には驚きです。

旅の参考にしてください。

博多港免税店釜山港免税店

お客様から「日本帰国時に、「たばこ」はどのくらいの量を持ち込めるのか?」というご質問をいただきます。

ほとんどのお客様は日本国の免税範囲についてのおたずねですが、免税の範囲は、紙巻きたばこの場合、「日本製が200本」、「外国製が200本」(外国居住者を除く)です。例えば、マイルドセブン1カートン、ラーク1カートンまでが免税範囲となります。(未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税になりません。)

その免税範囲を超えると簡易な税率が適用されることになり、紙巻きたばこの場合は、1本につき11円(平成22年10月1日現在)が課税されます。1カートンで計算すると2,200円が課税されることになりが、例えば、マイルドセブンの場合、免税範囲を超え課税対象となる場合であっても日本国内のたばこ屋さんで買うよりも安い計算になりますよね。本当に驚きです。

Posted at 12:00 | カテゴリー: 旅 アラカルト | コメント: なし

この記事にコメントする




コメント記入欄

copyright(c) Chuo Travel Co.,Ltd.