天草 早崎瀬戸イルカウォッチング

投稿日:2012.04.17

熊本県天草下島と長崎県島原半島の間にある早崎瀬戸のイルカウォッチングをご紹介します。

有明海に通じる早崎瀬戸は潮流が速い海峡として有名ですが、ここ周辺海域には約300頭の「ミナミバンドウイルカ」が生息しています。

イルカウォッチング

イルカウォッチングの船は、「漁船」や「クルーザー」などがありますが、中央トラベルでは、水族館とは違う自然のイルカ達を目の当たりにできる「漁船」タイプの船をお手配しております。定員は1艘あたり12名~20名程度です。小回りが利く小型船の特徴を活かしてイルカ達に近づきます。船に寄り添って泳ぐイルカ達にお客様も大喜びです。

イルカウォッチング

本当に近くまで来てくれるイルカ達ですが、「イルカ達にストレスを与えないように優しく見守ること」、「エサを与えないこと」などがイルカウォッチングのルールです。

イルカウォッチング

早崎瀬戸のイルカ達に出会える確率ですが出船できれば99%だそうです。中央トラベルでも何回もお手配いたしましたが出会えなかったことはありません。(荒天のときは残念ですが出船できません。雨天時は船会社が雨合羽を用意してくれます。)

自然のイルカ達が与えてくれる感動、すばらしいものです。

ぜひ、旅行の計画に取り入れてみてください。

(イルカウォッチングでは、いつも門口水産さんが運営される〈天草イルカパルセンター恵丸〉にお願いしております。このたびもありがとうございました。)

Posted at 04:23 | カテゴリー: 旅 アラカルト | コメント: なし

この記事にコメントする




コメント記入欄

copyright(c) Chuo Travel Co.,Ltd.